« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

花火大会

昨夜は地元の海上花火大会。

自分の部屋からも見えますが友人宅で鑑賞しました。

友人の手料理とビールと花火、夏はいいねぇ~~~。

Hanabi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

お仕事は楽しく

日記の間隔が開いてしまいました。

話作ってました。

終わりました~!!!

まだ描かせてもらえるか分かりませんけど一件落着。

春に描いてから、お芝居をやってる間に考えてた話が

中途半端になってしまって結局パスしてしまって

何してんだと自分でもモヤッとしつつ

でも次までには時間がたっぷりあるからじっくりやろう!

と思っていたらあれよあれよと時間が経ち

「5月末に出します」

「6月中旬には出します」

「7月頭には出します」

と再三ウソをつき続け、やっと第1稿FAX出来たのが先週の話。

口だけ番長のレッテルはとっくに貼られてると思われます(反省)

でも言ってる時は本気でそう思ってるんですがねぇ。

私はFAXがないので出来た後バイパス飛ばして実家に帰って

送ってるのですが、この前はその為だけに午前3時半に実家に侵入する

という怪しい行動を・・・。

1年半ぶりに新しい話で、「桜~」の途中から担当してもらってる

現担当さんとも本格的にやっていくことになるので

新たな気持ちで頑張ろうとは思っていましたが、思いのほか

気持ちが遠ざかっていて戻ってくるのに時間がかかりました~~~。

逆に時間が有り過ぎたのがいけなかったのかも知れない。

自分のやろうとすることが何もかもしょーもなく思えてみたり

1回全部白紙に戻してみたり、現実逃避してみたり

時間がなけれはそんなこと考える余裕もないのですが。

でもギリギリになってきて、こうと決めてからはやってて楽しいのです。

こういうのは昔の方がよくあった気がします。

寝ることや食べることに執着心が無くなるくらいに集中できるコト、

単に仕事だからやらなくちゃ、ではない

他に好きな事はあってもこれほどパッションが燃えるものはないなと

あらためて思いました。

この勢いでまた遠ざからないうちに他のネタ繰って貯金作っとく

べきなのでしょうが・・・・それが出来ない性分で。

いや~それにしても夏ですね。

自分の中では昨日で梅雨は明けたと思ってます。

今年はクーラー1度もつけてませんけど割と毎日快適です。

何か快調。クーラーつけないのがいいのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

日常彼是

就業間際に取った電話が運悪くクレーム。

北海道のオッサンだったが方言がカワイク、あんま怖くないけど

なかなか切ってくれず一方的に喋られ続けて結局小1時間無駄だった。

昨日サイゼでネームしてたら、となりのオバサン3人組がひたすら

旦那の文句とパート先の人の文句を喋り続けていた。マシンガントーク。

いやー、世の中の人ってよく喋るものだな~。

それに比べ私って無口ぃ~。

(喋り相手がいないというウワサ)

ところで「下北サンデーズ」は周囲の芝居友達とかが食い付いてそうだと思った。

私も食いついた。

しかし、話作ってる最中ってドラマを純粋に見れないのは私だけなんでしょうか?

上手く表現出来ないけど分解してしまうというか。外装より構造が気になるみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

部屋Cafe

↓の7月1日の日記みたいなことを呟いても始まらないので考えた。

やはりここは形から。

私は喫茶店の方が集中できるけど、そうそう行きたくない。

というわけで、今まで布団置き場&洗濯物置き場と化していた和室を

キレイサッパリ片付けて勝手にCafe化してみました。

作業机だけ持ち込んで布っ切れをテーブルクロスにして音楽はボサノバ・・・・

生活感のあるものは一切持ち込まず好きな雑貨だけ置く・・・・

仕事だけど仕事めいた物もなるべく置かないようにして・・・・

ここは、どこかのカフェなんだ!という錯覚を起こさせる感じで。

(注:床は畳だが)

模様替えしてる暇あったらいくらか仕事もはかどっただろうに、

という自己ツッコミは置いときまして。

でもホントに。コレはいいかも知れません。

求めてた孤独感があっていい感じです!!

でもこの部屋北向きなので涼しいけどクーラー無いから真夏は閉店ですだぶん。

作らないのに買ってしまう編み物本を見るのが気分転換↓

060709171103

今日はなんか小洒落た日記を書いたな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

机に向かわない日々

意欲がない

のでは全然なく、むしろその逆で

なのに取り掛かるまでのこの腰の重さは何故なのか

どう表現すればいいのか分からずにいたけど

ある学者さんの言葉にヒントをもらった


仕事のやり初めというのは集中できないもの

成果が上がらない

時間をロスする

「集中しなきゃ」

「上手くやらなきゃ」

と誰もが思っていて

「もしそう出来なかったら」

という不安が集中力を欠如させているからだ


費やした時間分、成果が表れないと嫌だ

出来ないことに幻滅したくない

と、やってもないうちから考えてる

テレビ見て笑ってたって誰かといたって

始めないうちはどうせ逃げられないのにな

| | コメント (524) | トラックバック (59)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »